カメの歩みで!

カメの書きもの、見たくない?

サラリーマンは資産運用だけでは自由になれない! とるべき行動とは?

 

どうも、カメさんです!

 

f:id:kameayu_blog:20180803032836p:plain「将来的には、資産運用でお金持ちになりたい!」

 

唐突ですが、こう考えている方いませんか?

 

しかし、資産運用だけでお金持ちになるのはとても難しいです。

もちろん可能ではありますし、僕もなるべく早く資産運用を始めることをオススメしています。

 

※オススメする理由と方法については【初心者向け】20代で資産運用をはじめるべき理由とその投資方法で詳しく解説しました。

 

 

でも正直に言うと、資産運用で得られるインカムゲインだけじゃお金持ち(経済的自由)にはなれません。

 

今回は、金融資産によるインカムゲインに頼りきってしまうことのリスクと、それ以外にも資産を形成できるオススメな方法を解説します。

 

 

< 目次 >

 

 

 

 

 

 

 

60歳で1億円では自由になれない

 

f:id:kameayu_blog:20180901102953j:plain

 
僕は資産運用によって60歳で1億円を目指すのは、目標としては不充分だと思っています。

その理由は、60歳で経済的自由を手にしても遅すぎると思うからです。

 

60歳までほぼ毎日、朝から晩まで会社に勤めて、上司の理不尽に耐えた見返りとしては小さすぎます!

資産運用をしていない人と比べて、老後の生活が多少ラクになる程度ですかね。

 

 

※これ以降は、1億円を経済的自由の指標としています。
1億円を年利5%で運用すれば、年間500万円の収入となりますから、贅沢さえしなければ充分に自由と言えるでしょう。

 

 

さらに、1000円はだれが使っても1000円ですが、歳をとればとるほどその1000円から得られるものは小さくなります。

 

若いうちは自分が興味のある分野を学んだり、世界を旅行したりすれば、使ったお金が経験となって返ってますよね。

そして経験は、その後の人生を豊かにする礎となります。

 

しかし歳をとるにつれ学習能力は衰えます。

それに、得た経験を活かす時間も少ないです。

若いというだけで、お金を使ったときのリターンが大きくなるんですね!

 

なので、実はお金というものは平等ではありますが、公平ではないのです。

 

 

 

 

 

サラリーマンはインカムゲインに頼るべきではない

 

f:id:kameayu_blog:20180901103324j:plain

f:id:kameayu_blog:20180616020413p:plain「じゃあもっと早い段階で1億円をつくればいいんじゃないか?」

 

と思う方もいらっしゃるでしょうが、一般的なサラリーマンでいる限りは、早められても10年ていどでしょう。

 

例えば、年に100万円を積み立てて年利5%で運用したとしても、1億円に到達するのは37年も先です。

もっと切り詰めて、年に200万円積み立てても27年も先。

25歳で運用をはじめても、50歳以上にならないと自由になれません。

 

よほどの高給取りでないかぎり、サラリーマンはインカムゲインに頼りすぎると、時間という資産を失ってしまうと言えます。

 

 

 

 

 

人的資本を活用して収入を増やそう


ここで僕が対策としてオススメするのは、人的資本の活用です。

人的資本とは・・・

職場訓練,学校教育によって新たに労働者個人に付加される能力をいう。教育という投資により,蓄積される知識や熟練資本とみなす。アメリカを中心として発展した人的資本理論は教育水準と賃金との正の相関について,教育水準の高い労働者はその個人自体に体化した教育によって高い生産力をもつからだと考える。従来の理論における労働の限界生産力の差を教育・訓練の差,つまり労働力を単純労働力と人的資本との合成物であるとする。

 

要は、あなた自身がもっている知識や経験そのものが資本ですよってことです。

 

 

そして富を得る方法は以下の式に集約されています。

 

富 = 収入 - 支出 + (資産運用利回り)

 

これをシンプルに要約すると、

  1. 収入を上げる
  2. 支出を抑える
  3. 運用利回りを上げる

この3つでしか富は築けないということですね。

 

 

運用利回りを上げるには膨大な量の知識が必要で、さらにどうしてもリスクも伴います。

そして支出を抑えるにも限界がありますよね。

すると、収入を増やすことが一番とっつきやすいと言えます。

 

さきほど挙げた例をもう一度考えてみましょう。

年に200万円を積み立てて年利5%で運用した場合、1億円までは27年かかります。

しかし、人的資本を注いで収入を増やすことができ、月に20万円の副収入があったとしましょう。

すると年間に合計440万円を積み立てられ、1億円までは17年で済みます。

収入(運用にまわせるお金)を増やすことの威力がお分かりいただけたでしょうか。

 

 

ここで重要なのは以下の2点。

  • 労働力を売らないこと
  • 拡張性の高い収入源を確保すること

 

ここらへんについては、こちらの記事で詳しく解説してあります。

www.kame-ayu.com

 

 


ちなみにブログの収益化というのは、この2点どちらにも該当します。

ブログの構築に人的資本(知識や経験)を注ぐことで、書いた記事がこれから先も収益を発生させてくれるのです。

自分が寝ていてもポケットにお金を入れてくれるので、まさに資産といえます。

 

そして、その増えた収入を運用にまわすことで、インカムゲインのチカラの恩恵もより一層受けられます。

 

これが、一般的なサラリーマンが経済的自由を手に入れる唯一の方法なのです。

 

 

 

f:id:kameayu_blog:20180624194018p:plain

「そんな収入につながるようなスキルを持っていないし、

 なにから始めればいいか分からないよ・・・」

 

という方はブログの執筆がオススメです!

今までの人生の経験を記事として書くだけでいいんですから。

 

初期費用も、ほかのビジネスに比べたらかなり少なくて済むので(月額0~5,000円)、続けられなさそうなら辞めればいいだけですしね!

 

半年間、継続できれば人生は変えられるはずです。

自分だけの資産を手に入れて、これからの人生を豊かにしましょう!

 

それでは!