カメの歩みで!

カメの書きもの、見たくない?

【初心者向け】20代で資産運用をはじめるべき理由とその投資方法

 

どうも、23歳から資産運用をやってます。カメさんです!

 

f:id:kameayu_blog:20180624194018p:plain

会社からの給与だけじゃ将来が不安・・・。

 資産運用に興味があるけど、何をすればいいのかよく分からないし、

 二の足を踏んでる・・・

 


こういった方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

特に20代、30代の方は、年金が受給されるかすら危ういですからね。

将来に不安をもってもおかしくありません。

 

僕も同じ悩みをかかえつつ、投資の世界に足を踏みいれたのが5年前の23歳です。

右も左もわからないことだらけだったので、不安もいっぱい・・・。

 

ですが結論として、

資産運用、早いうちに始めてよかった!と思っています!

 

今回は僕と同じ20代の方に、

  • 20代のうちから資産運用を始めることの重要性
  • 実際に何をすればよいのか(おすすめの運用方法)

を紹介します。

 

 < 目次 >

 

 

 

 

 

20代から資産運用を始めるべき理由

 

f:id:kameayu_blog:20180901104859j:plain





資産運用って、出世してお金に余裕のできた世代がやるものだと思っていませんか?

結論から言いますと、20代こそ資産運用を始めるべきです!

 

逆に、出世した40代50代の時期に資産運用を始めても、あまりうま味がありません。

それは何故か? まずその理由を解説しますね。

 

 

”時間”は最大の武器

 

資産運用において最大の武器と言っても過言でないのが、”時間”です。

より長い時間、資産をどこかに投資し続けることが成功を左右します。

 

下のグラフは、運用しはじめた年齢によって、60歳時点でどれだけ資産に差がつくかを表したものです。

 

  • 元手は100万円
  • 毎年50万円(≒月4万円*12か月)を積み立て
  • 運用年利は5%(複利運用)

 

f:id:kameayu_blog:20180727180802p:plain

 

20歳で運用を始めた人とくらべて、30歳で始めた人で約3000万円、40歳では約4700万円の差が開いています!

資産運用をはじめるのが早ければ早いほど、有利なことが分かってもらえたでしょう。

 

実際に20歳で100万円を用意して、遊びたいのをガマンして年間50万円も運用にまわせるかと言ったら、僕はかなり難しいと思います・・・。

ですが、このデータを見ると、タイムマシーンで20歳の自分に会えるとするなら、死に物狂いで「運用しろ!」と説得しませんか?笑

 

それに、時間を武器にすると得られるメリットが他にもあります。

 

 

”時間”でリスクも低減できる


時間はリターン(収益)をもたらすだけでなく、リスク(損失)を低減させてくれます。

その理由は、時間をかけてこまめに積み立て投資することで、自動的に「分散投資」することができるためです。

トヨタ自動車の株価チャートを例にして解説します。

 

f:id:kameayu_blog:20180727182347p:plain

 

これは、2000年~2018年の期間の年足チャートです。

図のように株価は、上昇と下降を繰り返します。

 

毎年一定のタイミングでこまめに積み立てて投資することで、平均取得株価をおさえ、値動きの影響をフラットにすることが出来ます。

ちなみに黄色の水平線が、この期間の毎年年初に積み立てた場合の、平均取得株価になっています。

すると、値動きに影響をあまり受けずに、配当金で得られる利益だけを残すことができる、というわけです!

 

仮にあなたが40代で部長となり、お金にも余裕ができたことで一念発起して資産運用を始めたとします。

その年の2007年に一括で1000万円投資していたら、2年後には60%の資産減(-600万円)です。そう思うとゾッとしませんか?

 

 

20代の僕たちを待ち受けている過酷な未来


20代で資産運用を始めるべき理由がほかにもあります。

 

日本の年金受給年齢はどんどん引き上げられています。

戦後間もないころは、受給開始年齢が55歳だったのをご存知でしょうか?

現在では65歳となっており、最大70歳への引き上げを検討しているとか。

そもそも20代の私たちがもらえる年金は残されているのでしょうか?

老後のために、今から備えておくのは賢い判断だと思います。

 

  • 世界のインフレ、日本のデフレ

日本ではデフレデフレと騒がれていますが、世界全体でみると刻一刻とインフレしています!

成長が停滞しはじめたと言われる先進国でも、年率2%のインフレが見られます。

ちなみに先進国の中で日本だけが、ほぼ横ばいの-0.1%のデフレです!

これが何を意味するかというと、あなたの貯金や所得が、世界全体でみると目減りしていることを指します。

あなたが必死に貯めた100万円が、将来的に80万円の価値しかなくなったら、どうでしょう?

こちらも20代のうちに備えておくのが良い選択ですね。

 

 

 

 

 

何から始めればいいのか?

まずは毎月の収支の把握


資産運用というのは、無くなってもいい余裕資金でおこなっていくものです。

毎月、いくらのお金が入ってきて、いくら出ていくのか。最低限、これを把握していないと余裕資金もわかりません。

ですので、まずは毎月の生活費を正確に把握して、運用にまわせる金額を設定しましょう!

 

 

リスク分散に適したインデックス投資をはじめよう


投資の初心者から上級者までオススメできるのが、インデックス投資です。

インデックス投資というのは、日経平均TOPIXのような株価指数に投資する方法です。

 

簡単に言うと、日経平均が1%上昇したら、自身が投資していた資産も1%上昇するといった投資方法になります。

 

しかし、日経平均そのものを直接買えるわけではなく、「日経平均と同じ値動きをするように設計された投資商品」を購入するイメージです。

一般には投資信託とか、ETFとか呼ばれていますね。

 

この投資方法の魅力は、なんといってもリスク分散しやすい点です!

日経平均に連動するETFを購入したとすると、日経平均に組みこまれている銘柄225社に投資しているのと同義となります。

すると、そのうちの1社が倒産しても、自身の資産は大きな損害にはならない、というわけです。

 

さらに投信やETFは、少額で始められます!

日経平均に連動する投信などは、1口2万円前後から買うことができるんです!

毎月1口を買い増し、とかもできますね!

 

また、投信やETFには業種別や国別など、たくさんの種類があります。

あなたが今後も成長していきそうだと思う分野や国を選択し、投資していきましょう。

もちろんですが、投資は自己責任です。自分が納得したうえで投資を行いましょう。

 

 

インデックス投資のはじめ方は簡単


投信・ETFは、各ネット証券会社から買い付けることができます!

ですので、ネット証券に口座開設する必要があります。

証券会社によりますが、ほとんどの場合、注文方法は株などと同じで、クリックひとつで完了します!

 

また、証券会社によって取り扱っている投信・ETFが異なるので、そこらへんも下調べが必要です。

 

僕のオススメはSBI証券ですね。

この2社が取り扱っている投信・ETFの数が特に多いためです。

 

 

 

 

 

最後に

 

f:id:kameayu_blog:20180901103815j:plain



 

20代から資産運用をはじめる重要性、分かっていただけたでしょうか?

 

資産運用というと身構えがちですが、20代のあなたはすでに「時間」という武器を手にしています!

ゲームでいうと、Easyモードで初めから強い装備をもっている状態です。

しかし、時間が経過するごとにその装備は錆びて使いものにならなくなっていきます。

 

タイムイズマネーとはよく言ったものですね!

 

あなたの将来が、理想していたものに近づくことを願っています。

 

それでは!