カメの歩みで!

カメの書きもの、見たくない?

ローンを上手に利用して資産形成する方法! お金を生み出すのは、お金だ!

 

どうも、カメさんです!


みなさんはローンや借金に対してどんな印象を持っていますか?


「ローンは金利が怖いし、できるだけ一括で支払うようにしているよ! 

 借金は良くないことだと思うしね!」


そんなイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか?

 

たしかに、ローンは今すぐ資金を借りられる代わりに、金利と呼ばれる利子を付けて返済しなければなりません。

借りる側は金利分、代金を多く払うことになりますので、それならローンしない方がいいですもんね!

 

 

ですが、その考えによって実は大損している可能性があるのを知っていますか?

ローン・借金に対する理解度が深まると、ライフプランが立てやすくなり、人生の幸福度が高まるかもしれません!

そこで今回は、ローンの上手な利用方法と、そのメリットとデメリットを紹介します。

 

 

 

 

 

お金持ちほど、ローン(借金)する!

 

f:id:kameayu_blog:20180720193030p:plain


「えっ、お金持ちはいつも一括払いするんじゃないの?」


そんなイメージもありますが、実はお金持ちほどローンを組んでいる傾向にあります。

その理由の1つは、彼らは「お金は、動かさなければお金を生み出さない」ことを知っているからです。


それじゃあ、お金を動かしてお金を生み出すとは一体、どういうことなのでしょうか。

 

 

 

企業は借金漬け!?

 

f:id:kameayu_blog:20180720193134p:plain


あなたの勤めている会社は、少なからず銀行からの融資を受けていますよね。

ローン(借金)が絶対的に損なら、なぜ企業は銀行に借金するのでしょうか?


理由は単純で、借りたお金を設備投資などに上手く使うことで、金利を支払ってなお十分な利益を生み出すことができるからです。

 

f:id:kameayu_blog:20180720193437j:plain


企業は継続的成長を求められています。

株主や従業員はもちろん、顧客だって大きな企業と質の良いものを取引したいと思っています。


なので企業は自らを大きくするために、銀行などから融資を受けて成長速度にブーストをかけるのです。

ジャック・ハンマーがドーピングするみたいなものです。うん、我ながら読者を置き去りにする例えだ。

 


例えば、自己資本が10億円の企業の成長率を100とすると、銀行から10億円の融資を受けられれば成長率は倍の200にもなります。

実際にはそんな単純ではないでしょうけどね!

 

 

このように、ローンをしてお金を動かすことで、自身の資産の成長速度を上げてお金を生み出すことが出来るのです!
これが良いローン(借金)の例で、今回の記事の結論であり本質です

 

 

 

 

身近な例はカーローン

 

f:id:kameayu_blog:20180720193627p:plain


企業とか銀行とか、話しが大きすぎてイメージしづらい方もいらっしゃると思います!

 

もっと身近な事例で言うと、車を購入する際のカーローンが挙げられます。

購入価格300万円の車を買う場合に、一括で購入した場合と、「頭金100万円+ローン200万円」で購入した場合で比較してみましょう。

 

ここでは、金利はカーローンとして現実的な2%の3年ローンとしています。

また、ボーナス返済は無し、元利均等返済という方法をとっています。

 

f:id:kameayu_blog:20180720190915p:plain

f:id:kameayu_blog:20180720192444p:plain

 

画像は少し分かりづらいかもしれませんが、たしかに一般的な考えのとおり、金利分(62,260円)損をしていますね。

では、ローンした場合に、浮いた資金200万円を複利で投資運用(年利4%)に回したらどうなるでしょう?

 

f:id:kameayu_blog:20180720192530p:plain


1年間で金利分を取り返すことができ、ローンを支払い終わる3年後には、約20万円資金が増えています!

しかもこれ、税引き後(利益の20%)です!

先ほどの企業の例と同様に、自分の資産の成長速度にブーストがかけられましたよね!

 

 

 

ローンを組んで資産を増やす!

 

f:id:kameayu_blog:20180604095629p:plain


このようにローンを組んで支払わなくて良くなった(浮いた)資金を、金利以上の利率で運用することができれば、ローンする方がお得ということが言えます!

 

また、年利4%の投資であれば初心者でも充分可能です。例えば高配当銘柄であれば配当利回りは4%以上にもなります。

これは100万円分、配当利回り4%の銘柄を買っておくだけで年間で4万円、税金を引いても3万2000円の利益が出るということです。

さらにNISA枠を使えば非課税となりますので、実質的に利回り向上といってもいいかと思います!

 

もちろん株価値下がりのリスクもありますが、様々な業種の銘柄に分散投資しておけばリスク分散になります。

ローンを組むメリット、ご理解いただけたでしょうか?

 

 

 

 

もちろんローンにはデメリットがある

 

f:id:kameayu_blog:20180720194008p:plain


もちろんローンにはデメリットもあります。

 

1つ目は先ほども言ったとおり、

金利分の出費が嵩むこと、さらに金利は変動すること」

ですね。

 


2つ目は、

「投資利回りがローン金利を下回るリスクがあること」

です。

 

「ローンを組むようにすればいいんだな! オッケー、オッケー!」


という安易な考えは危険です。

カードローンだと金利が10%を超えるものもあります。

 

投資初心者が年利10%以上のリターンを上げるのは不可能ではないですが、かなりのリスクを伴います。

それを何年も継続するとなると、難易度はさらに高くなります。

投資の神様ウォーレン・バフェットも年平均20%ていどの成績なので、神に匹敵するほどの能力がないと不可能ですね。

自分の投資利回りを把握して、それを超える金利率のローンは組まないようにしましょう!

 


3つ目は、

「月々の返済額と生活費を把握していないと、最悪返済できない状況になること」

です。


「生活費と返済額が大きすぎて、投資に回す資金を切り崩さないといけない・・・」


これではただ金利を支払っている状態に近くなるので、うま味がありませんよね。

 

それに、一般的にローンが怖いと言われているのはこれが原因です。

気付かないうちに返済額が嵩んで、金利分を支払うだけで一杯いっぱい、なんてことにはならない様に気を付けましょう! 

普段から生活費をしっかり管理している人には大したデメリットではないですが、そうでない人はまず生活費を把握すること!

 

闇雲にローンを組んではダメです。返済計画をしっかりと考えて、ムリのない範囲で組みましょう。

 

 

 

 

とるべき具体的な行動とは?

 

f:id:kameayu_blog:20180616020413p:plain

 

自分の投資利回りがどれぐらいなのか把握すること

 

まずはこれが大事です!

投資を始めていない人は、まず始めてみること!


これを押さえておかないと、許容できるローン金利率も不明確ですからね!

先ほど紹介した高配当銘柄を買うのもいいですし、優秀な金融商品もたくさんあります。

 

 

なるべくローン金利の低いところで借りること!

 

銀行なのか、消費者金融なのか様々なところで比較検討してみるべきです。

金利が低いということは、投資のパフォーマンスが落ちたとしても軽減できるということです!

 

 

ムリのない範囲でローンを組むこと!

 

返済額によって資金繰りはショートしないかを計算してください。

また、ローンだからと言って不必要なものの購入は控えるべきですね!

 

 


みなさんの人生の幸福度が少しでも上がることを望んでいます!

 

それでは!